TOP of Ai Ueda Official WEB Site

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

shaklee.jpggreen.jpgimage_1.jpgswat.jpgfolk.jpgnewbalance.jpg


トライアスリート上田藍 オフィシャルWEBサイト

topface9.jpg

第20回日本トライアスロン選手権東京港大会 2位
NTTトライアスロンジャパンカップランキング 1位

10月26日、第20回日本トライアスロン選手権東京港大会がお台場海浜公園周辺で開催され、上田藍は2位となりました。この結果により2014NTTジャパンカップランキング見事1位になりました。
写真はこちら

今年一年間、応援ありがとうございました。引き続き皆さまのご声援よろしくお願いします。

_ASA6361_1.jpg

ITUワールドカップ・トンヨン大会 2位

10月18日、韓国・トンヨンにて開催されましたITUワールドカップ・トンヨン大会におきまして、上田藍はトップのエマ・ジャクソンにわずか2秒差で惜しくも2位となりました。動画はこちら
次週10月26日、東京お台場での全日本選手権に出場します。是非、観戦にお越しください。

tongyong-ew-web-msj_27.jpg

第17回アジア競技大会 トライアスロン女子、リレー  優勝

9月25日、韓国・仁川で開催されました第17回アジア競技大会・トライアスロン女子で上田藍選手が金メダルを獲得しました。写真はこちら
9月26日、同大会 男女混合リレー(佐藤優香、田山寛豪、上田藍、細田雄一)で日本が金メダルを獲得しました。

_ASA5586.JPG

ITUワールドカップ・ウァトゥルコ大会 優勝

6月15日(日)にメキシコ・ウァトゥルコにて開催されましたITUワールドカップ・ウァトゥルコ大会におきまして、上田藍選手は得意のランでトップを奪い、後続を寄せ付けず優勝。ウァトゥルコで開催されたワールドカップで2009、2010年に次ぐ3勝目を挙げました。

ai_ueda_winner-1.jpg

ITU世界トライアスロンシリーズ・横浜大会 2位

5月17日。2014年 ITU世界トライアスロンシリーズ・横浜大会で上田藍選手は2位となり世界シリーズで初の表彰台に立ちました。スイムで1分50秒の差があったものの、バイク最終周で第1集団に追いつき、トランジッションからラン1周目でトップに躍り出るなど見せ場をつくり、後半はジョーゲンセンに差をつけられたものの堂々の2位でフィニッシュ。そのレース展開は会場を大いに沸かせました。
 その結果、上田藍選手は世界シリーズで日本人初の2位という快挙をなし得ました。

_AAA13947.jpg

ITUトライアスロンワールドカップ・ムールラバ大会 3位

3月15日。2014年のトライアスロンシーズン開幕戦ITUトライアスロンワールドカップ・ムールラバ大会で上田藍選手がラン2周目までトップで力走するなど見せ場をつくり、3位の表彰台に上りました。

image003.jpg

第19回日本トライアスロン選手権東京港大会 優勝 2連覇達成!

10月13日第19回日本トライアスロン選手権東京港大会が開催され、上田藍選手は今年最後のレースを見事優勝で締めくくりました。この優勝により2013NTTトライアスロンジャパンカップランキングで645ポイントとなり年間シリーズチャンピオンにも輝きました。
今年一年間、応援ありがとうございました。


皆さん、いつも応援パワーをおくって下さり、ありがとうございます。レース中、沿道からの声援を全身に感じることでパワーが漲りました。念願の2連覇を果たすことができ、とても幸せです。
この喜びと経験を、2014年シーズンに繋げていけるように、これからも笑顔で突き進んでいきます!
2016年リオデジャネイロオリンピックで金メダル獲得できるように、努力を積み重ねていきます。

                                        上田藍

イメージ 1.jpg


日本選手権2013.jpg

ITU世界デュアスロン選手権(ワールドゲームズ)カリ大会 優勝!

7月26日コロンビア・カリで開催されたITU世界デュアスロン選手権で上田藍選手が金メダルを獲得しました。第1ランスタート直後から上田選手は先頭集団をフランスのLEVENEZ Sandra選手とコントロール。9人の先頭集団は徐々に人数が減ってゆき、バイクスタート時には、上田とサンドラの二人。第2集団との差を周回を重ねる度に伸ばしてゆき、3分の差をつけバイク終了。トランジッションエリアを同時にスタートした二人でしたが、直後に上田藍選手が抜け出し、その後徐々に差を広げ、危なげないレース運びで1分差をつけて優勝し、ワールドゲームズ開幕後の金メダル第1号となりました。

001.jpg

ロンドンオリンピック2012

本番を迎えた「オリンピック競技大会」に参戦し、結果は39位でした。

皆様、応援をありがとうございました。

スタートを迎えた時に「やるべきことは全てやれた!」と最高の状態でオリンピックの舞台に挑めることができ、そう思える環境を支え、作り上げ、応援し続けて下さった多くの皆様に感謝しています。

皆様の応援を胸に、自分を信じて最後まで粘りました。今は、悔しさと、強くなりたいという強烈な思いで心が震えています。ロンドンオリンピックを通じて得た、全ての経験を生かして、更に更に!成長していきます。そして、皆様と勝利の喜びを分かち合いたいです☆

これからも見守っていて下さい。宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

上田 藍

london race081.JPG

Swim Bike Run 51.5km

トライアスロンと言うと、鉄人レースを思い浮かべてしまいますが、上田藍が挑んでいるオリンピックディスタンスは、水泳1.5km、自転車40km、ランニング10kmの合計51.5kmで争われます。
上田藍のスイムを終えてからのバイクの追い上げ、アグレッシブな走り。
155cmの小さな体からは想像出来ない爆発力。
是非一度、会場へ足を運んで、直に上田藍パワーを感じ取って見てください。

オフィシャルBLOG

イメージすること。
言葉で表現すること。
感謝すること。

上田藍のポジティブ脳を覗いてみたい方。
BLOGにたくさんヒントがありますよ。
プロ並み?イラストにも注目です。

blog.jpg

上田藍画伯

オフの時間は何をして過ごしているのか?
絵を描いたり、音楽を聴いたり。本を読んだり。わりとインドア派なのです。
有名になりつつある上田藍のイラストの腕前。
手描き友禅の職人さんの血筋を裏切らない?越えて行く?斬新なタッチ。
上田画伯、色も状況も鮮やかですね。

NBJOC014.jpg

beiging072.jpg

london race017.JPG

c1001.jpg

DSC_6982 2.jpg

ai ill rio001.jpg

Go for the GOLD
www.aiueda.com